• HOME
  • 【鹿児島】ホームページ作成のデザイン相談・見積りはお任せ! 代行の流れと注意点 |立志伝舎

【鹿児島】ホームページ作成のデザイン相談・見積りはお任せ! 代行の流れと注意点

ホームページ作成代行を業者に依頼するときは、相談や見積り、ラフデザインの確認など、いくつかの流れを通して代行業者とやり取りを行います。事前にどういった流れが発生するか理解しておけば、スムーズにホームページ作成業者に作成代行を依頼できます。

そこで今回は鹿児島のホームページ作成業者である立志伝舎が、ホームページ作成で発生する相談や見積り、デザインなど各流れの説明と注意点をご紹介していきます。

ホームページ作成を代行してもらうときの流れ(相談→見積り→デザイン)

ホームページ作成について相談するビジネスマン

ホームページ作成業者によって多少違いはあるかもしれませんが、ホームページ作成依頼はこのような流れで進みます。

ホームページ作成業者に相談を行う

まずは気になるホームページ作成業者に、Webサイトフォームや電話などで相談を行います。このときホームページ作成業者からどんなホームページを作成したいか聞かれるので、

  • 一から新しく作るのか、既存のホームページを改修したいのか
  • レスポンシブデザイン(スマホに対応)にしたいかどうか
  • ページボリュームはどれくらい欲しいか
  • デザインはどんな雰囲気がよいか
  • 更新やサーバー保守まで代行を頼むか頼まないか

こういった点はしっかり整理してから相談を行うようにしましょう(レスポンシブデザインの実装は現在マストと言ってもよいので、ホームページ作成業者に対応を依頼しておいた方が良いでしょう)。

相談は電話やメールなどのやり取りだけでも完結しますが、さらに細かく内容を詰めたい、という場合は直接対面して相談を行った方がベストです。

相談をもとに見積りを行う

次は相談でヒアリングした内容をもとに、ホームページ作成業者が見積りを出します。見積りの内訳は、

  • 規格・設計・構成費用
  • サイトデザイン費用
  • 動的ページ作成費(問い合わせフォーム、ECサイトのカート機能など)

など、多岐に分かれています。また一般的には作成するページ数が多くなればなるほど、製作費は高くなります。要望と異なる場合は都度打ち合わせを行い、イメージ通りの内容と納得できる費用で、ホームページ作成代行を依頼できるようにしましょう。

Webサイトのページ数や内容、構成などを確認するには、ホームページ作成業者からもらえる「サイトマップ」や「ディレクトリマップ」が役立ちます。サイトマップには、各カテゴリにどのページが属するかなど、大まかなページの構成が書いてあります。そしてディレクトリマップには、ファイル名なども含めた詳細なページ構成が記されています。

契約が決まれば、「このページを足してほしい、このページはいらない」などの要望を通すのが難しくなります。必要のないページや足りないページがあれば、ホームページ作成業者に積極的に相談して調整をしましょう。

デザインの確認を行い、ホームページを作成してもらう

見積りで納得がいけば次はホームページ作成業者がラフデザイン(モックアップなど)を用意するので、その内容を確認します。言葉や文面だけでは、ホームページ作成業者とどのくらいデザインイメージに関する齟齬があるのかは分かりません。デザインについてもしっかり確認し、変更して欲しい箇所は遠慮なく指摘しましょう。

ラフデザインに納得がいったら、実際にホームページ作成業者との契約に入っていきます。契約時に責任詳細などを明確にしなかった結果、後で大きなトラブルになってしまうケースは十分考えられます。ホームページ作成業者はどこまで作業するか、そして免責事項や注意事項など、必要な項目がすべて契約書に記載されているか確認しましょう。

ホームページ作成を代行してもらうときの注意点

パソコンとスマートフォン

ここからは、ホームページ作成を代行してもらうときに注意したい点をご紹介していきます。

相談前に、ホームページ作成で達成した目標などをまとめておく

ホームページ作成業者は料理に例えるとコックで、クライアントは食材を提供する側です。

ですからクライアント側がしっかり食材を提供しないと、ホームページ作成業者は調理ができない、つまりホームページを作成できません。ですから作成を相談する前に、どういった目標をホームページで達成したいのか、などを明確にしておく必要があります。

例えば「うちの会社は化粧品を販売しているが、メインユーザーは30~40代の女性。新しくターゲットユーザーとして10~20代くらいの若い女性も取り込めるWebサイトにリニューアルしたい」と少しでも何を達成したいのかをはっきりさせれば、ホームページ作成業者側もどんなデザインがよいか、どんな構成にすればよいかなどを決めやすくなります。

目標設定には「KGI(大きなゴール)」や「KPI(KGI達成のための小さなゴール)」、「ペルソナ設定(ターゲットユーザーを年齢、性別、趣味などの細かい環境設定ごと設定する手法)」などを活用するのがおすすめです。

必ず相見積りを行う

ホームページ作成業者によって、作成費用は変わってきます。適切な予算でホームページを作成依頼したいならば、複数のホームページ作成業者に見積りを立てましょう。

相見積りのメリットは、適切な予算で依頼を受けてくれそうな業者を見つけられるだけではありません。複数のホームページ作成業者に見積りをもらって比較することで、「ホームページ作成に関してこの条件だとこのくらいかかりそう」といった費用感を身につけられます。費用感を身につければ、次回以降業者を選定したり、相談を行ったりするときにも役立ちます。

どこまでサポートしてもらえるかをしっかり確認しておく

ホームページ作成作業と一口に言っても、その作業範囲はさまざまです。例えばホームページ作成が完了したらその後は一切タッチしない、ホームページ作成後も費用はかかるが、サーバーの保守・点検やホームページ更新なども行うなど、契約内容によって対応は変わってきます。

契約の際は、どこまでホームページ作成についてサポートしてもらえるか確認しましょう。更新する余裕がないときは、ホームページ作成業者にアフターフォローも任せた方が無難です。

また「ホームページ作成業者に一旦作成したもらった後は、自力でホームページを更新したい」という場合は、「WordPress」を使ってホームページを作ってもらうとよいでしょう。WordPressは誰でも簡単にホームページを更新できるツールで、時間があればホームページ作成業者に頼らずともホームページを更新できます。

鹿児島のホームページ作成会社である立志伝舎では、お客様に合わせて最適なホームページをお作りいたします。

鹿児島のホームページ作成は立志伝舎~相談からデザイン調整まで丁寧に対応~

鹿児島のホームページ作成に関するご相談は、立志伝舎にお任せください。鹿児島にある立志伝舎では、相談から見積り、デザインまで、お客様の要望に徹底的に沿って対応させていただきます。

見積りやデザイン提示時に指摘したいところがあれば、どうぞ遠慮せずにおっしゃってください。また費用を抑えて安くホームページを作成できるので、個人サロンや整体院といった小規模事業者様も無理なくホームページを開設できます。

鹿児島だけでなく九州地方を始め、全国のお客様にも対応いたします。ホームページ作成を業者に依頼したいという場合は、ぜひお問い合わせください。

ホームページ作成の相談や見積りの依頼は鹿児島の立志伝舎へ

会社名【立志伝舎】オフィス・カワカミ
サイト名立志伝舎
代表者川上 重明
創業 2013年11月21日
住所〒890-0013 鹿児島県鹿児島市城山1丁目22−8
TEL099-801-4071
URLhttps://www.imokara.net
事業内容
  • 業務システム開発、ソフトウェア制作・販売(2013.11~)
  • 事業力アップWebサイト制作・運営支援事業(2014.9~2015.11)
  • 志を形にするWebサイト制作『立志伝舎』(2015.12~)
  • 一次元部材割付ソフトウェア販売(2015.11~)
  • 汎用業務データベースネットワークシステム販売(2016.6〜)
  • 信頼の入口、簡易企業サイト制作事業『エントリープラン』(2017.9~)
  • 鹿児島名店「一店一品」予約&クーポンサイト運営(2018予定)